時々日記時々だったら日記じゃないとか言うな

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク -
自転車いぢり 20:00
回(8月)のサイクリングで、シフターのアウターが裂けてしまった。
もう一台の自転車もメンテナンス中で、サイクリングに使える自転車がない状態が続いていたのをなんとかすべく、メンテナンス中だった自転車(ミニベロ)を仕上げることに。

やったのは
・ハンドル改造(ドロップ→ブルホーン)
・補助ブレーキ撤去
・ホイールグリスアップ
・チェーン注油
ってとこ。

ハンドルはもらいもののドロップハンドルを使ってたんだけど、下ハン使うことがほぼなかったので、ブルホーンに変更することに。
といっても新規に購入するのではなく、ドロップのアーチ下半分をパイプカッターで切り飛ばして、上下逆さに使うのだ。
カットはそんなに問題なく、よしよしと思ったらブレーキワイヤーが取り回しできない。
Google先生に聞いてみたら、レバーからワイヤーが出るとこと、取り出し用にハンドルに穴を開ける必要があるらしい。
位置を慎重に確かめて、電動ドリルでガリガリ穴あけ。


ブレーキレバー側はこんな感じ。
レバーの向き調整も考えて、ちょっと穴は大きめ。


取り出し側はこんな感じ。
考えた結果、バーテープ終端部に開けている。
アウターがバーテープで圧迫されるといやなので、簡単にカバーしてる。

あとはバーテープ巻いてできあがり。
ちょっと詰めが甘かったせいか、片側分で両方巻けてしまった。

ホイールのグリスアップは、ペースト状の普通のグリスを、円陣屋至高謹製のGRESIN-LGにリプレース。300km/hで走るバイクのベアリングに使える液体グリスだ。ペースト状グリスより当然抵抗も少なく、元々少ない人力を無駄遣いしないのだ。
・ハブ軸のダブルナットを外す
・ボール/レースともにこてこてのペースト状グリスをふき取り
・GRESIN-LGをボールとレースに塗布
・再組み立て
だけなんだけど、正直めんどかった。

チェーン注油はホイールのグリスアップと同じメーカの円陣屋至高謹製のC.P.O.
こいつをちゃんと塗ってると、Rスプロケを1T余分に使える感じ。

あとは走ってみるだけだ。
そうそう、もう一台も早く修理しないと・・・(汗
| Bicycle | comments(0) | trackbacks(0) | posted by Wボーン -
スポンサーサイト 20:00
| - | - | - | posted by スポンサードリンク -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://wborn.jugem.jp/trackback/377
<< NEW | TOP | OLD>>