時々日記時々だったら日記じゃないとか言うな

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク -
サイパン2009(四日目) 23:00
楽しい3日間は光の速さで過ぎていき、もう帰国の日である。
といっても午後の便なのでビールを呑みながらのんびり荷造りし、ホテルに荷物を預けて最後のショッピングに。
いまさらながらお土産を買い足してホテルに戻る。

ホテルから空港まではツアーバス。これまた近く、15分ほどで到着。
預入荷物の開封チェックがあったのには驚き。囲いはあるものの、我々が見ている前で荷物を開けて係員が中を見る。
と思ったら3つのうち1つしか見ない。これでいいの?と思いつつ荷物はカウンターへ。
カウンターの係員にベルトの付け方を伝えつつ、ちゃんとベルトが付けられたことを確認して出国審査へ。
こちらはほぼスルー。国内線とほぼ変わらない感じで通り抜けて、いきなりワールドへ。
とりあえず売店で腹ごしらえ&ビールを。しかし350ml缶で$5はぼったくりだろうが。
食後DFSをうろうろしてたら、なんと冷蔵庫が。
ビールどころかミネラルウォーターも半額近い値段。がっくり。

気をとりなおして機内に乗り込むと、座席は最後列。食事と飲み物が一番に出てくるのはいいところ。
雲が多くて多少揺れたものの、順調なフライトの結果、定刻で到着。
しかし無事着陸したはいいが、駐機場に向かう途中、変なところで飛行機が停止した。
なんと到着口まではバスとのこと。国内線でも最近はほとんど乗ったことないのに。

バスを降りて入国審査に向かうと、途中サーモグラフィーのカメラが。
今回の旅の初日にフェーズ5に引き上げられた(サイパンでもBS-NHKが放送していたのでわかった)豚インフルエンザの検疫である。
カメラ以外は機内で書いたアンケートを渡すだけでスルー。
その後入国審査を終え、預入荷物を受け取り(ほとんど最後だった)、なんと言うこともなく入国したのであった。
空港から家までの道のりは、連休も半ばということでクルマの流れもスムーズ。
無事家に辿り着き、4日間の旅を終えたのであった。

| Saipan | comments(0) | trackbacks(0) | posted by Wボーン -
サイパン2009(三日目) 23:00
本日は今回の旅行のメインイベントであるマニャガハ島ツアーである。
本島から2kmほど離れた綺麗な海とやらを見に行くのだ。
天気は前日までの曇天が嘘のような青空に。去年は全く海に行ってないので、日焼けがちょっと心配。
ホテル送迎はやっぱりバス。かなりの参加者がいる模様で、ほぼ満席。。
港までバスに乗って、そこからは大き目の船でマニャガハ島まで行くのだ。
港を離れるとすぐ海はバスクリンのような真っ青な色に。
ほどなく島に到着すると、今度は晴天の青空に負けないスカイブルーの珊瑚礁が広がる。
少々の説明会の後、シュノーケルセットを片手に早速海へ。日焼け防止のためTシャツを着ていく。
意外だったのはそんなに浅くないこと。10mもいかないうちに2m近い水深になり、ワーイフはすぐギブアップ。
ビーチで休憩しているワーイフを置いて、一人で海へ。深いところに行くと、熱帯魚がうようよ。サヨリやサメまで。
とりあえず防水カメラで写真を撮りまくってたらすぐお昼に。
ツアーセットのランチで腹を満たして、また海に浸かる。
けっこう焼けてきたこともあって帰る準備をしていたら、いきなりのスコールが。グアムでは一度も経験ないのに・・・。
帰りの船に乗るころには雨もすっかり止んで、真っ青な空と海に挟まれながら、島を後にしたのであった。
#教訓:もういい年なんだから真っ赤に焼いてないでラッシュガードとか着るべき。

そして今回最後のイベントであるサンセットクルージングへ。
また港に行って船に乗り込むが、座席が20席ほどしかない。想像よりかなり少なくて驚き。
シャンパンでワーイフと乾杯して早速夕日を見に行くが、残念ながら最後の最後で曇ってしまい、水平線に沈む夕日を拝むことはできずじまい。残念。
音楽とチャモロダンス?に拍手を送っているうちに、時間はあっという間に過ぎていった。

20時前にはホテルに戻ってしまったので、お土産を探してDFSをショッピング。
こういった店がホテル直近なのはとても便利だ。
そしてまたビールを呑みながら夜が更けていくのであった。

| Saipan | comments(0) | trackbacks(0) | posted by Wボーン -
サイパン2009(二日目) 23:00
前日そんなに呑まなかったこともあってすっきりお目覚め。
前日購入したパンと日本から持参したシリアル+牛乳で朝食を済ませ、本日のイベント#1半日観光へ。
バスであちこち回るのだが、ビーチを除けば太平洋戦争の傷跡をなぞった感じ。

戻ってDFS隣接のハードロックカフェにて昼食。いつもならがっつり肉を食うところを、午後に備えて2人ともハンバーガーに。
が、どっちもでかい!QPなんて目じゃないくらい(値段もそれなりだけど)。
パンズにハンバーグ以外の具材(トマト・オニオン・レタス)を挟んでいない状態で出てくるのがなんか新鮮。

食後は本日のイベント#2のボトムフィッシング。
ホテルへの迎えは何故かセダン(普通は10人くらい乗れるでかいワゴンだ)。
微妙な気はしていたが、船が停泊している港に着いてみると、我々が乗る船の乗客はなんと2人だけ。
心の準備もないままに船長とちょっと話したらいきなり出発である。
沖へ向かってどんどん進み、サイパン島の沖にあるマニャガハ島をぐるりと回る形で南下して、最初のポイントへ。
軽くレクチャーを受けて、かなり久々のフィッシング。
これがまた最初は全然釣れない。コーチ役のスタッフも最初はスカばかり。
らちがあかないってことでポイント移動を繰り返している内に、コーチと船長にヒットが。
そのうち俺&ワーイフにもヒット。合計で10匹ほどになった(半分くらいは船長だが)。
あっという間に2時間ほどが過ぎ、帰る時間に。と思ったらコーチが炭に火を付け出した。
船長が「バーベキューバーベキュー!」なんて言ってるが、まさか船上なの?
そのうちコーチがいきなり釣った魚を捌きだす。波でけっこう揺れてるのにこりゃ間違いないな。
船首で景色を眺めていたが、ほどなく呼ばれて振り向くとそこにはこんがり焼けた魚が5匹。
この時点でもう5時前で、もうすぐ晩メシなのにな〜とか思いつつ、魚にかぶりつく。中がちょっと生焼け(笑)。
気を抜く暇もない3時間はあっという間に過ぎていったのであった。

そして今日のディナーはトニーローマ。
ここ5年間毎年行ってるな・・・(笑)。
まず気になっていたオニオンローフを注文。失敗した食いきれねぇ・・・。
そしてお約束のベイビーバックリブを食す。ナイフとフォークじゃ追いつかなくて、ほとんど手掴み。
ワーイフと共に肉を食い切って、ちょっとやばい感じのところに、ワーイフのコースの〆のデザートが現れた。
大きな皿の真ん中にあるアイスは普通だけど、それと同じサイズの生クリームの固まりが6つ周りにあるのはどうなのよ。
ちょっと胸焼けしつつワーイフと2人で食べきったのであった。

腹いっぱいでもう食い物はいらねーと思っていても、ホテルまで少々歩くと多少腹がこなれてきて、翌日の準備をしながらビールをぐびぐび呑んでる2人なのであった。

| Saipan | comments(0) | trackbacks(0) | posted by Wボーン -
サイパン2009(一日目) 23:00
今年もGWを迎え、恒例の海外旅行の季節がやってきた。
今年の行き先はサイパンである。

朝10時の便ということでのんびりできると思っていたが、旅行会社の手続き指定は出発2時間半前。
7時半に成田のカウンターに行かなきゃならないってことで逆算して家を出たのは朝5時半。
ちょっと遅いトラックがいたものの、成田までの道のりはまあいつもどおり順調。
7時前には駐車場に到着して車を預けることができた。
送迎バスにゆられて北ウイングへ向かい、ほぼ予定どおりの時間に手続きを完了した。
ノースウェストへは自分でチェックイン。この時点で8時。
が、タバコ吸ったりしてたらあっという間に9時を過ぎる。
あわてて手荷物検査&出国審査を済ませてワールドへ。
機内で飲むためのソフトドリンク調達をワーイフにお願いしてまた一服。
と思ったら喫煙所に自動販売機が。しかも売店より安いでやんの。
がっくりしつつビールを呑む。時間もあんまりないのでワーイフと半分こ。
ビールを呑んだら、ほどなく搭乗案内のアナウンスが。
ロビーにいてもすることもないので、さっさと乗り込んで機上の人に。

サイパンまでの空路はほぼ3時間。グアムよりちょっぴり緯度が高いので、当然所要時間もちょっと短め。
でも時差の関係で到着は14時。あいにく天候は曇り。まぁガン晴れでいきなり焼けるよりはよいのだけれど。
グアムより簡単?な出国審査(アメリカじゃないから?)をさっさと済ませ、ツアーの案内バスでホテルまでは約15分。こちらもグアムより近いかな?

今回のホテルはハファダイビーチホテル。クリスタルタワーの宿泊で、オーシャンビュー指定の客室は10階建ての9階。
10階はレストランになっているので客室としては実質最上階である。
が、ホテルの形の関係で、海は見えるものの視界の半分ほど。まぁ西日が差し込まないってことでよいとしよう。
ホテル直結のビーチの様子を眺めたりしてetcのんびりしてたらすぐに時間が過ぎる。
DFS(ホテルの道向かいにあってちょー近い)内のツアーデスクへ向かい、旅程内のイベントと食事の予約を済ませる。

本日のメインイベントはガラパンのローカルマーケット。ここで5ドルのチャモロ料理弁当を食べるのだ。
ガラパンまではホテルから歩いて5分。この近さもサイパンのいいところか。
まずはマーケットを散策。最初はお土産だけだったが、その後は5ドル弁当の屋台が10件近く並んでいる。
一通り眺めた結果、最後の屋台に決定。レッドライス2盛に骨付きビーフ×2+鳥煮込み+きゅうりの漬物。
結構な量があって、一つの弁当をワーイフと分けて食べたが、けっこう腹にたまった。
デザートにパイナップルを食べて、ガラパンを軽く散策して帰路に着く。
帰り道で目玉が飛び出しそうなくらいに驚いたのが、なんと新型アクセラが展示してあったこと。出発前までWebでニュースはチェックしていたけど、聞いてないよ!

一滴も酒を呑まなかったので、帰りにホテル脇のマーケットでお買い物。
ビールとつまみ、ついでに翌日の朝食用にパンと牛乳、水1ガロン(約4L)を買い込み、ホテルに戻ってドリンクタイム。
移動の疲れもあって、ちょっと呑んだだけで2人ともダウンして初日の夜は更けていくのであった。

| Saipan | comments(0) | trackbacks(0) | posted by Wボーン -
| 1/1 |